心筋梗塞や脳卒中を引き起こす脂質異常症とは!

脂質異常症,高脂血症,改善

脂質は細胞膜やホルモンの材料として、エネルギーの貯蔵として私たちの体の中で役立っています。
通常脂質は、食事から摂取されたり、肝臓で作られたりして、血中で一定の量が保たれるように調節されています。

 

しかし、体内の脂質の流れがうまく調節できなかったり、食事から摂取する脂質の量が多すぎたりすると、高脂血症になってしまいます。

 

>>コレステロール下げるのに効果的!DHAサプリランキング<<

脂質異常症とは

脂質異常症,高脂血症,改善

血液中のLDL(悪玉コレステロール)や中性脂肪が多くなりすぎている状態
もしくはHDL(善玉コレステロール)が少ない状態が続くことを言います。

 

LDLは体の隅々までコレステロールを運ぶ役割をし、反対にHDLは体から余分なコレステロールを回収する働きを持っています。
LDLが多いとコレステロールが溜まりやすく、HDLが少なくてもコレステロールが溜まりやすくなります。
すると、動脈硬化が起こりやすくなります。

 

脂質異常症とは以前は高脂血症とも言いました。
血液がドロドロの状態と思うとよいでしょう。
これを放っておくと、血管の動脈硬化が進んで心筋梗塞や脳卒中の原因となります。

 

脂質異常症は、自覚症状がほとんどありません
そのため、ある日突然、心筋梗塞などの発作に見舞われることも少なくありません。
予防のためには、毎日の食事や運動に気をつけることが大事です。

脂質異常症になる原因は?食事・睡眠・生活習慣の乱れ

脂質異常症とは血液中の脂質が増えた状態のことを言いますが、
特にコレステロールと中性脂肪が増えた状態のことを言います。

 

脂質異常症を発症しても自覚症状がないので自分では気が付きにくいのですが、
自覚症状が出た時にはもう、心臓下肢の動脈硬化が進行し
脳梗塞や狭心症、心筋梗塞と言った疾患を引き起こすことがあります。
脂質異常症にかかると血液中の脂質が増えている状態なので血液に粘り気が多く
血管内壁にも脂質が付着して動脈の壁が厚くなってしまうためにそのような疾患の原因となってしまうのです。

 

原因

脂質異常症,高脂血症,改善

脂質異常症の原因としては
毎日の食事で高カロリー食や高脂肪食になることが多い
糖尿病や肥満症などによる代謝異常
睡眠不足などの生活習慣の乱れ
運動不足
などがあげられます。

 

特に食事のバランスが取れていないことや運動不足などによって起こりやすい
内臓肥満の場合には動脈硬化を発症する確率も高いとされていますし、
生活習慣の乱れは生活習慣病などの原因となるともされています。

 

検査方法

脂質異常症,高脂血症,改善

脂質異常症は12時間以上食事をとらずに採血して
血中のコレステロール値などを調べる血液検査などでも判断することができます。

 

治療は食事療法運動療法などと合わせて睡眠時間の確保など
正しい生活習慣に改善することが行われます。

 

 

 

脂質異常症の診断基準について

脂質異常症とは、血中コレステロールや中性脂肪が基準より多い状態のことで、血液中に余分な脂質が多くなることで、
動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞・脳卒中などのリスクが高まります。

 

脂質異常症は、自覚症状がほとんどないので、突然、発作におそわれる人が多いのが現状です。
このため、健康診断で脂質異常症の恐れがあることを指摘された場合には、早めに受診して医師の指導を受ける必要があります。

 

3つの診断基準

脂質異常症,高脂血症,改善

日本動脈硬化学会のガイドラインによる診断基準では、空腹時採血による数値によって次のように診断されます。

 

従来の診断基準では、総コレステロール値が220mg/dl以上でしたが、
悪玉コレステロールと善玉コレステロールの区別が判断できなかったため、新しい基準として3つのタイプを明確にしました。

 

 

LDLコレステロール値が140mg/dl以上の場合

悪玉コレステロールが多く、コレステロールがたまりやすい状態で、高LDLコレステロール血症と呼びます。

 

HDLコレステロール値が40mg/dl未満の場合

善玉コレステロールが少なく、コレステロールの回収が不十分な状態で、低HDLコレステロール血症と呼びます。

 

トリグリセライド値が150mg/dl以上の場合

中性脂肪が多い状態で、高トリグリセライド血症(高中性脂肪血症)と呼びます。

 

 

脂質異常症の治療と生活習慣改善による対策

脂質異常症,高脂血症,改善

脂質異常症は別名高脂血症と言われます。
血中の脂質である総コレステロールが高くなった状態です。

 

このような状態が長く続きますと、血管内にプラークといったものが溜まり、血管の中を流れる血液の邪魔をします。
結果的に、血管が破れたりして血液が体内に漏れるようなことがおきます。

 

もし、脳内で起きた場合には、脳血への障害がおきます。
心臓であれば心不全などを引き起こすことになります。

 

全身へ栄養・酸素を運搬し、老廃物を回収する血管にこのような事態が発生すると一大事です。

治療方法

脂質異常症,高脂血症,改善

脂質異常症の治療には薬物治療が一般的ですが、薬物治療だけでは不完全な部分もあります。
脂質異常症の原因は、生活に問題があるから起きるわけです。
ですから、まず初めに生活から見直す必要があります。

 

食事については、脂を多く含むものを減らすなどの方法があります。
また、しっかりと野菜などの食物繊維を摂ることも必要です。
食物繊維を摂取することで、腸からの脂吸収を阻害するといわれます。
つまり、余分な脂を吸収しなくなるわけです。

 

また、運動をすることも非常に効果が高く、運動によって脂質の燃焼を助けることができます。
脂質異常症は別名生活習慣病とも言われます。
ですから、生活習慣改善によって対策することが可能です。

脂質異常症の改善に効果的な対策

脂質異常症,高脂血症,改善

脂質異常症は、国民病と言われるほど多くの人がかかっている症状です。
脂質異常症は別名高脂血症ともいいます。
これは、血中の脂質が異常に高くなることです。
血中の脂質には種類があり、HDL・LDL・総コレステロールなどと言った検査項目で知ることができます。

 

総コレステロール値が高いとさまざまな病気の原因になると言われています。
動脈硬化による心疾患・脳血管疾患などがあります。
これは、日本人の死因の総数の約3分の1なのです。
つまり、3分の1の人は原因が脂質異常症(高脂血症)で亡くなっているのです。

 

改善方法

脂質異常症,高脂血症,改善

脂質異常は、生活習慣病とも言われ、悪い生活習慣によってなることが大半です。
食事で、脂濃いものを多くとりますと、当然それは血管の中に入り脂質異常になります。
しかし、食事で脂濃いものを食べてもしっかりと運動をすれば問題ありません

運動や身体を動かすことをせず、食事で脂の多いものを食べる
当然ながら、脂質異常症になります。

 

さらには、ストレスによっても脂質異常症になるといわれています。
食事の改善や、ストレスの改善をするには、
何といっても運動がもっとも効果的と言われています。

 

運動をすることで、ストレスの解消・脂質の改善がされるからです。

 

>>コレステロール下げるのに効果的!DHAサプリランキング<<

脂質異常症(高脂血症)とは?脂質異常症の原因から改善を検討する。記事一覧

血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールが高い値となったり、善玉コレステロールが低い値になることを脂質異常症(高脂血症)と呼んでいます。厳密には、善玉コレステロールが低い時に高脂血症と呼ぶのはおかしいという事が言われています。近年は高すぎても低すぎても適切な呼び名と言う事で、脂質異常症という言い方の方がよく使われています。では、脂質異常症(高脂血症)と言われた場合、自覚症状はあるのでしょうか?脂質異常...

TOPへ